こうもり対策の一般的処置 - 鼠退治にはどのような方法がある?

こうもり対策の一般的処置

こうもりは建物や建造物のわずかな隙間があれば入り込むことが可能なため、わずかな空間でもあればそこを住処にしてしまいます。
家屋でも屋根裏に通じる隙間があればそこを出入り口にして住み着いてしまう恐れがあり、屋内に通じる隙間には注意が必要です。

こうもりは体調に比べてわずかな隙間でも入り込むことができるためにシャッターの収納ボックス内やエアコンの室外機の中などは盲点となり、知らいない間に巣になっている場合もあります。こうもり対策は夕方から夜間にかけて活動するこうもりを見かけたら早急に行う必要があり、家屋の隙間への侵入防止が必要になります。

こうもり対策のひとつにこうもりの嫌がる臭いを含んだ薬剤を噴霧する忌避スプレーがあります。



潜んでいる兆候がある場所の隙間をふさぐ前にスプレーをまくことによって、個体を外部に追い出すことができます。

追い出された個体はすぐには戻ってこれなために、この間に進入路になる穴をふさぐことができます。こうもり対策で注意が必要なのは、あくまでも外に追い出すことで処分することは法律で禁じられています。



天井裏などに潜み住んでいる疑わしい部分があれば、スプレーを噴霧してみて実際にこうもりの所在を確認してみることが重要です。


こうもりはその存在とともに排泄物などが人体に悪影響を及ぼすこともあり、子どものいる家庭などでは更なる注意が不可欠です。


自分で対策することが難しい場合には専門業者に相談してみることも大切です。