EDな彼氏への接し方

ED症状のセルフチェック法と便利な内服薬で対策可能

EDの問題は、セルフチェックで簡単な判断が可能です。
いきなり専門医の診察を受ける必要はありません。
まずは自宅でセルフチェックをし、自分のEDのリスクに関して調べておきましょう。
セルフチェックの方法として、最も目安になるのが勃起に至るまでの時間です。
正常な男性であれば、性的刺激を受け次第、ペニスに血液が流れ込み、陰茎全体が勃起します。
性的刺激を受けてから一分以内に満足行く勃起が出来れば、男性機能不全のリスクはありません。
勃起に至るまで、パートナーによる手淫が複数回必要だったり、五分や十分以上の愛撫が必要になる等、そういった場合はEDの疑いが濃厚になります。

また勃起に至るまでの時間が普通だったとしても、ペニスの硬さが不足している場合は、同じEDのリスクが高いです。
健全な男性の亀頭は、丁度ミカンやグレープフルーツといった柑橘系果実レベルの硬さを持ちます。
ED症状になった男性の亀頭はそれ以下の硬さに落ち込みます。
亀頭がフニフニした触感で、安定した硬さが維持出来ないのであればセルフチェックの結果としては、EDの疑いが濃厚といえるでしょう。

EDはシビアでデリケートな問題ですが、幸いな事に現代では気軽に服用出来るお薬があります。
勃起不全を治療出来る内服薬が各メーカーから販売されていますので、
セックス時のED問題も、事前に治療薬を利用しておけば、安心してパートナーとの性交が継続出来ます。
即効性の良い治療薬であれば服用後、30分から40分以内で効力を発揮し、
萎えやすかったペニスが力強い勃起力を取り戻し、数時間にわたる性交が楽しめる身体になるのです。
内服薬であれば管理や服用も楽ですし、パートナーに内緒でこっそり予め使えますので、
男性的なコンプレックスを秘密裏に回復出来ます。