こうもり対策と日頃の準備

こうもりが日常生活に与える影響を普段考えることは全くありませんが、ちょっとしたことでその存在を身近に感じることができます。
日常での生活であまり関心のない場所や気にならない場所には、人の知らないいろいろな脅威が潜んでいます。

防犯や防災などの対策と同じように、こうもり対策にも関心を持つことが大切です。



とっさの時の判断に困らないように、市販されている対策用の商品を準備しておくと安心です。こうもりは警戒心が強く普段目にすることはありませんが、夜行性のために夕方薄暗くなってから活発な活動を始めます。
軒先や庇などにわずかな隙間があればそこは巣になる可能性がある場所です。

早急に隙間をふさぐ対策を行い、こうもりの侵入を防ぐ必要があります。


頻繁に開閉するシャッターであれば可能性は低いですが、使用する機会の少ないシャッターの巻取りボックス内も巣になる可能性が高く、隙間が小さいからといって油断することはできません。
こうもり対策はわずかな隙間でも見逃すと、完璧な対策を行うことは難しくなります。
こうもりの体調は小さく、わずかな隙間も通り抜けることができます。



人間の感覚では推し量ることのできない能力を野生動物は持っています。
夜行性であれば人間が寝ている間に状況は最悪な方向に進んでいく可能性があります。
こうもり対策は油断せずに必要な道具や商品を準備しておき、怪しいと感じたら後回しにせずに素早い対処が早めの効果につながります。