住みついたら早めに追い出してこうもり対策 - 鼠退治にはどのような方法がある?

住みついたら早めに追い出してこうもり対策

洞窟に住みついている印象を持っている人も多いですが種類によってはイエコウモリと別名がつくほど家の軒先やベランダなどを好んで住みつく種類もいるため、こうもり対策は知っておいて損はありません。

日本にいるものは体長が小さく人に襲い掛かる心配もほとんどありませんが集団で住みつかれると結構厄介で、夕方から夜に活動的になるので飛び回る音で安眠を妨害されてしまう可能性があります。



昆虫を食べるため益獣として守られていますが同じ場所に糞尿をするため汚れて悪臭が漂いますし、野山などダニの多いところに出かけて餌を探しますから体にくっつけて帰ってきてしまう恐れがあり、人にダニが移ってかまれてしまうと重篤な症状が起きる懸念もあるため早めにこうもり対策を行う必要性があります。



追い出さなくても餌を食べるために夜になれば出て行ってくれるのでそこを見計らって侵入口にネットを張る方法もありますが、子育てしているときや冬眠する時期には出て行ってくれないので注意が必要で、昼間の明るいうちに追い出したい時には忌避剤を使用するととても楽です。



スプレータイプの忌避剤であれば5cm程度のわずかな隙間の出入り口からでも中に噴霧することが可能で、追い出すことができますが効果は一時的なことが多いので、すぐに出入り口をふさぐ必要があります。


こうもり対策を行ったと糞尿のあとはきちんと掃除を行って取り除いておくべきで、乾燥した糞が空気中に舞ってアレルギーの原因になる恐れがあるためです。